どうしてコットンは安いのか(4)

17世紀ごろに綿製品がインドから輸入される以前のヨーロッパでは、羊毛が主な繊維製品でした。イギリスに綿製品が入ってくると、その綿の心地よさが大きな人気となります。そこで羊毛業者の反発があるのですが、結果としてはこの綿製品をイギリスで生産するという方向に向かい、そのことがイギリス工業化を大きく進歩させ…

0件のコメント

どうしてコットンは安いのか(3)

綿花の歴史を見てみると、もともとはパキスタン、インド地方から発生したらしいのですが、現在につながる綿花の歴史は17世紀にイギリスがインド綿布を輸入したころから始まるようです。やがてはイギリス国内で綿布に対する大きな需要が発生すると、イギリスはそれを機に工業化の時代に入ります。 その需要に応じるように…

0件のコメント

どうしてコットンは安いのか(2)

では、アメリカのおかげで綿花が安くなることは良いことなのでしょうか。 例えば、インドは世界最大の綿花生産国です。しかし、生産者の多くは貧困に苦しんでいるといわれます。インドの生産地のほとんどは灌漑設備なども整っていません。そして、その生産工程のほとんどが人の労力によるものです。国際価格に対応するため…

0件のコメント

どうしてコットンは安いのか(1)

綿花は多くの国で作っているものの、ラオス農民の言うような生活の糧にならないという現象がなぜ起こるのでしょうか。今の時代、安価なアパレル製品がどこでも手に入ります。これは消費者からすればとてもありがたいことです。アパレルが安いということは、そもそも綿花は余っていて供給過多の状態にあるということなのでし…

0件のコメント

アジアの小さな村から

アジアの山奥に住む彼らは、たとえ資本主義社会のマーケットが暴落しようと、産油国で戦争が始まろうと、明日も変わらず農業をし、魚を取り、山菜を取り、糸を作ることでしょう。 このような村にもいつかはインフラが整備され、そこに住む彼らは今のような生活から離れていくのかもしれません。 それでも彼らの日常から、…

0件のコメント