ラオスにとってのベトナム戦争1

第二次世界大戦後半、日本が劣勢になる中で連合軍のインドシナ侵攻が確実になってくると、日本軍はインドシナからフランスを追い出しインドシナの支配力を強めました。日本軍はフランス軍を追いやった後、ルアンパバーン王朝に形式的に独立を宣言させます。その後、日本軍の敗戦により終戦。

0件のコメント

ラオスへの資金

一方、現在、ラオスの最大の支援国は中国です。貿易相手国としてはタイが一番大きくなりますが、投資額としては中国が他国に大きく差をつけているようです。2021年中には中国との国境の町ボーテンと首都ビエンチャンを結ぶ鉄道が完成します。

0件のコメント

ラオスの民族と文化

ラオスは国連に認められたひとつの国ではありますが、50ほどの民族が国内に暮らしているといわれています。ラオ族が人口の50%以上を占めており、低地、つまり主たる町に暮らす人はほぼラオ族に属します。そのほか少数民族が多く存在し、山を中心に生活をしています。

0件のコメント

ラオスの経済

ラオス国土の70%は森林、かつ四方は他国に囲まれた内陸地であり、未舗装の道路がまだまだ多いのが現状です。このことは物資の輸送を困難にし、この国の発展を遅らせている原因の一つです。2019年の統計では一人当たりGDPが2670ドルとなっています。

0件のコメント

ラオスを肥沃にするメコン川

ラオスにはかの有名なメコン川が流れています。この川がミャンマーとタイとの国境になっています。物資輸送が困難なラオスでは、川が今でも交通の要として活用されています。昨今ではメコン川や支流に多くのダムが建設され水力発電がおこなわれています。この電力を近隣国に輸出し貴重な外貨を得ているのです。

0件のコメント