ラオス(アジア、新興国)の通貨安

ラオスの通貨が安くなってきています。ラオスのみならず、新興国通貨は全面的に安くなっています。そして、日本の通貨も安く安くなってきています。これは世界の基軸通貨である米ドルに対して日本の通貨も新興国通貨も軒並み激安なのです。 ラオス通貨と日本通貨のレートはどうかというと、ラオス通貨がとても安くなってき…

0件のコメント

未来を賭ける?ラオス・中国鉄道

2021年12月3日、ラオス・中国鉄道が開通しました。ラオスの首都ヴィエンチャンから中国の雲南省昆明までつながっており、ラオス国内の区間は国境の町ボーデンまでの約422キロとなります。その約半分の200キロ弱の区間はトンネルの中となり、また167もの橋の上を走ります。最終的にはシンガポールまでつなげ…

0件のコメント

ルアンパバーンという小さな街

「ラオスに行ってきたよ。」 「どこに行った?」 「ビエンチャンとバンビエン」 「なぜ? ラオス=ルアンパバーンだ。」 インド人の友人が日本に立ち寄った際、私たちの会話の結果として生まれた答えは「ラオス=ルアンパバーン。」でした。彼は淡々とルアンパバーンの良さを語り続けました。 ルアンパバーンは小さな…

0件のコメント

ラオスにとってのベトナム戦争3

ベトナム戦争後に3万人近い死者、2万人以上の負傷者を出しているといわれています。現在でも死傷者が出る状況でその完全な爆弾除去が求められますが、それには計り知れない時間がかかるといわれているようです。

0件のコメント

ラオスにとってのベトナム戦争2

当時のラオスの国内では、当時のベトナムと同じように諸外国からの完全独立を求める組織と先進国に依存した体制を望む組織による内戦が頻繁に起こっていました。つまりは、先に書いた大戦以前の流れが続いていたとも言えるわけです

0件のコメント